教室兼アトリエ:〒420-0810 静岡県静岡市葵区上土1-17-89-2
事務所:〒420-0810 静岡県静岡市葵区上土2丁目(千代田東小学校より徒歩5分)

受付時間
9:00~20:00
 定休日  
土曜午後・日曜・祝日

お気軽にお問合せ・ご相談ください  

054-262-2679

書への想い 
もう一つの私のプロフィール~

書の部屋®ホームページに足を運んでいただきありがとうございます。
代表の小山瑞恵です。

私の「書への想い」が強いので長文となってしまいましたが、お読みいただけると嬉しいです。

書写・書道との出会い

幼少の頃、家にあった水書きシートに、文字を書くのがとても好きで書いて遊んでいたことを今でも覚えています。
書道が好きな母の影響で、私も幼い頃から自然と筆を持つようになりました。

私にとって最初の大きな「転機」
 

私は小児喘息がひどく、入退院を頻繁に繰り返して学校を休むことが多かった学生時代。
小学校2年生の時には2学期の4か月間入院し、その間、院内学級(長期入院の子供たちが学校の授業のかわりに学ぶ場所)に転校しました。

周りのみんなは普通に元気に毎日学校に行けるのに私だけ行けない辛さと、面会時間も1日2時間(当時)に限られて、親にもほとんど会えない寂しさと孤独に耐えていました。

入院中でも筆で書いて遊ぶことが好きで、毎日それが唯一の楽しむことでした。

そんな中、院内学級では初の県書道連盟書き初め展に出品し、特選をいただくことができました。

特選に選ばれると、本来は、本選の席書大会に出場できるのですが、入院中により私は残念ながら参加できませんでしたが、そのかわりに、退院後に別の書き初め大会に参加でき、そして、私の書き初めを書く姿が静岡新聞に偶然大きく掲載されたのです。

それがとても嬉しく、思えばその頃から、私の「書道人生」は始まっていたのかもしれません。

これが、私にとっての最初の大きな「転機」になりました。

小学校2年生 書き初め大会 静岡新聞掲載

「練習」の大切さを伝えるきっかけになったコンクール上位入賞

 

その後、書道を習いたくて、近くの書道教室に通い始めました。

書道だったら、体を動かさなくても座ってできることから、私に「ぴったり」と思っていました。(当時は今盛んな、書道パフォーマンスはなく、座って書くのが書道と思っていました。)

家では両親からも教わりながら、毎年冬休みには書き初め大会に向けて100枚位練習した成果もあり、書き初めや学校の書写コンクールで上位の賞を受賞することができました。

それが自信となり、ますます書道が好きになっていきました。

そして、その時の「練習」が指導している生徒たちへ「練習する大切さ」を伝えるきっかけになっています。

 

先生として教える楽しさを知った学校ごっこ

 

書道はずっと続けていくだろうと、小学生の時から漠然と感じていました。

また高学年になると、入院中の時には、同じく学校に行けなくて寂しい思いをしている年下の子数人に何かできないかと思い、私が先生役で学校ごっこをして、勉強を教えていました。

私も学校に行っている気分を味わいたかったのです。
学校への憧れが強く、先生として教える楽しさを知ったのがこの時です。
この時には、まさか自分が将来「学校で教える」と思っていなかったので、振り返ると、子ども時代に先生になるための練習をしていたかのようで不思議です。

書道は神様が自分に与えてくれたもの~書の道に進むきっかけ

入院生活を繰り返し、「なぜ私だけ学校に普通に行けないのか」と、普通に学校に行けるみんながうらやましく、とても憧れを感じていた子ども時代。
せっかく学校に行けても、体育も遠足など行事もみんなと同じように参加できず、仕方がないと言い聞かせながらも、常に一人孤独を感じていました。

「私はみんなと違うんだ」これを身に染みて実感した学生生活でした。

そんな中、書道コンクールで度々上位受賞でき、これが私自身の救いと自信となり、書道が私の子ども時代を支えてくれました。

 

人の心を動かす書道のすごさを感じた中学時代

 

中学時代は、夏休みの自由研究では2年生で漢字の成り立ち、3年生では仮名の成り立ちについてを題材に研究。

文字の成り立ちについて興味を持ったのがこの頃です。当時の自由研究が将来の書道史の先取りだったと、後で気がつきました。

中学の時の夏休み自由研究 仮名の成り立ち 
どうやって漢字から平仮名になったかを作品制作しました

中学3年生の時には、担任の先生に毎日、日記を提出するのが宿題でした。毎日の学級通信に選ばれた日記が掲載され、一緒に度々相田みつをさんの書も度々掲載されていたのです。
毎日気づいたり感じたことを日記に書くことをして、また相田みつをさんの書から、想いを伝えたり、人の心を動かす書道のすごさを感じる学生時代でした。

また、度々学校を休んでいたので、勉強を追いついていきたいと、人一倍努力した結果、私の日記が同級生の影響を与えたことや、通院しながら、学校の勉強を頑張ったことで、学校賞をいただきました。

この高校時代が、さらなる大きな転機になりました

 

高校は、とても尊敬していた方から、静岡城北高校を勧められて進学。
これが、のちの私の人生の大きな道しるべとなりました。

なぜ、私に静岡城北高校を勧めてくださったのか、書道部に入部してわかりました。
書道の伝統校で、書道部がとても活発で実績も多い学校だったのです。

この高校時代が、さらなる大きな転機になりました。

展示されている先輩たちの作品にとても憧れ、「私もこんなふうに書けるようになりたい」と強く思い、それが私にとっての、「芸術書道」との出会いになりました。

今まで私の思っていた書道のイメージとは異なり、夏休みの部活錬成会では、一日中立ちながら床に大きな全紙を敷いて、一人100枚以上、展覧会に向けて大字作品制作をする創作活動に取り組んだことで、書道の世界が広がりました。精神力と体力をとても使い、手足を真っ黒にして、暑くエアコンがない中、紙が飛ばないように窓を閉めきって(今は換気しています)朝から夕方までひたすら書いた錬成会はこれからもこの先も忘れることはないでしょう。

また高校3年間、平日毎日部活があり、中国や日本の古典をお手本に真似して書く「臨書」で、様々な書を学び、多くの展覧会にも出品しました。
書の甲子園と呼ばれる「国際高校生選抜書展」で上位の優秀賞を受賞し、大阪で表彰を受けるなど、多くの作品が受賞。

 高校3年生では部長を務め、3年間の集大成とし部活を頑張り書道の魅力にどんどんはまっていきました。

全国高文祭発足会で県の代表で、大会テーマを揮毫させていただく機会にも恵まれたり、また、展覧会で多くの賞を受賞することができたりと、さらに自信がつき、書道部で学んだこと、教わったことが私の宝物となりました。

恩師から教わったこと、仲間と楽しく活動したこと、多くの展覧会で受賞した実績、その一つ一つが私の自信と励みと、原動力になっています。

高校教員になっていつか母校で書道を教えたいという想いが強くなりました。

全国高文祭発足会にて揮毫

書の甲子園 優秀賞
臨書譜

同じ目的を持つ仲間から多くの刺激をもらえた大学生活。

 

そして、書道の教員を多く輩出している大東文化大学への進学。4年間で専門性を追求し、書道の技術のみならず書道史、書道教育等、多くを学びました。

同じ目的を持つ仲間から多くの刺激をもらえたのも、大学生活の思い出として強く残っています。

大学卒業時には喘息発作がほとんど起きなくなりました。大学卒業後、高校の書道教員になりたいと思ったものの、地元静岡県では書道の採用募集が、何年も実施されておりませんでした。

そのため、卒業後、高校で常勤講師・非常勤講師として勤めることになりました。
 

高校書道講師として

「学校に行きたくても行けない」辛い思いをしたことから、「学校への憧れ」が強かったため、社会人になってから講師として学校に行けることが何より嬉しいことでした。

今まで学校に行けなかった子ども時代分もこれで取り戻せるかな?と思いました。

その後、7校の勤務を経て、念願の母校である静岡城北高校の講師となり、書道部を指導することになったのです!!(2017年4月に書の部屋®拡大移転の後、制作依頼や業務が増え、2018年4月以降は高校で部活のみ指導しています。)

楽しみにしていた母校での書道部指導はなぜか苦悩から始まりました。
部員が激減していて、私の高校時代の雰囲気とがらりと変わっていたのです。

ここから部員を増やすにはどうしたらいいか、考えては実践の日々が始まり、書道部を盛り上げようと全力を注ぎました。

「書道パフォーマンス」がブームになり始めた時には、積極的に取り入れようとするも、これは書道の本質とは違う!と強く反対されたこともあり、試行錯誤していました。
今でこそ書道パフォーマンスが当たり前になりましたが、当時はそのように思っていた方も多かったかもしれません。生徒達はパフォーマンスをやりたがっているため、どうしたらいいかととても悩みました。

部活では私の姿で生徒達を導けるようになりたいと、切磋琢磨し、熱意を持って指導にあたりました。部員のパワーは年々高まり、全国的にも多くの実績を残し、率先して練習に励み、意欲にあふれる書道部へと成長しました。

そして、数年かけて顧問の先生が私の熱意を認めてくださり「書道部を私にまかせた」と言ってもらえるようになり、様々な努力の結果、過去最高50人の部員が集うようになりました。

 

文化祭 部員集合写真

人の心を動かす書、書道の力について学んだ体験。

 

書の甲子園と呼ばれる、国際高校生選抜書展では、中部北陸地区で団体準優勝にもなり、一部の部員を連れて大阪に表彰式に行くまでに成長しました。

書の甲子園 中部北陸地区団体準優勝 毎日新聞掲載

書道部の指導がほとんどボランティアのようなもののため、生徒達の活動意欲が高まると、部活指導の時間もさらに増え、やりがいを感じると同時に、他の仕事や日常生活との時間のやりくりにも苦労してきましたが、何より、生徒達の活躍が私自身の喜び、楽しさ、達成感にもつながっています。

「書の可能性」を部訓に掲げ、多くの活動をしてきました。東日本大震災の後に、当時の部員達の発案で、東北三県に大きな布に復興メッセージを書いて贈った活動をし、被災地の多くの方の反響があり、多くのメディアに取り上げられました。東北地方の高校生や一般の方からお手紙やお礼までいただき、わざわざ学校までお越しいただいた方もいて、生徒達自身が人のために書を書くことで、人の心を動かす書、書道の力について学んだ体験となりました。

復興メッセージ

書道パフォーマンス指導にも力を入れ、各地のイベントからご招待いただくようになりました。
また、静岡県で開催の大会でついに優勝することもできました。

書道パフォーマンス

ラグビーワールドカップ2019 
パブリックビューイング会場 書道パフォーマンス

書道の魅力を伝えたい~書の部屋®開業のきかっけ

非常勤講師をしながら、20116月に書道教室・筆文字デザイン制作・筆耕「書の部屋®」を開業しました。現在は書道教室運営の他に、筆文字デザイン制作依頼を受けて、ロゴやパッケージやポスターなどの筆文字制作、オリジナル作品制作、また宛名書・賞状書などの筆耕の仕事もお受けしています。

本当は高校の正教員を目指していましたが、当時、静岡県高校教員の書道枠で採用の募集が10年以上なく、書道教員にはなれなかった現実。また進学化に伴い授業数が減って、このまま授業が減り続けてしまうのではないかという不安を感じ、書道の魅力を伝えるにはどうしたらいいかと考えた時に、学校現場だけでなく、広範囲に地道に広げる必要性を感じました。

さらに、書道の活動をして、筆文字デザイン制作や筆耕を通して、筆でしか伝わらない人の心を伝えていきたいと思いました。
また、
将来書道を生かせる職業がないと、なかなかその道に進もうとする生徒も増えないので、まず私から動いて、書道の色々な仕事をすることで、書道の大学に行きたくても、書道の仕事がないからと断念する生徒を減らしたいと考えました。

書の可能性

書道教室では、子どもから大人と様々な年代の方に指導をさせていただくことで、体系的に書写書道教育を考えることができるようになりました。小さい子ども達にも、書道の大切さ、書道の楽しさ、魅力を伝えられるようになったことは、大変よかったことと感じています。

基礎は小・中学生で培われ、学校の授業でノートに書く量も学年が上がると増えるので、より一層書くことが大事になってきますが、手書きの行為や、きれいな字で書くことが学習能力を養い、書写は実用性においても必須です。

書道の楽しさを伝えたい。
書道を通して、自信をつけ、生徒の喜ぶ笑顔が見たい。
書道が好きで楽しいと思う生徒を増やしたい。
書道を通して心を豊かにして、成長の手助けをしたい。

そういった想いを持って日々書道指導を行っています。

よく、字がうまくなりたいという生徒がいます。
字がうまくなりたいという向上心はとても大切なこと。
そのためにはどうすればいいか、私は「書くことを楽しむこと」だと思っています。
書くことが楽しい、筆を持つことが楽しくなれば、自然と練習するようになり、字がうまくなるからますます練習する。
すると、展覧会で賞がもらえるから、ますます嬉しくなって練習する。
そして、どんどん自分に自信がついてますます楽しくなってくる。
それぞれの良さを引き出して、「自信につなげていくのが書である」と思います。

現代では、パソコンや携帯電話の進化や普及によって、ペンで書くことも少ないのに、ましてや筆を使うことは、本当に少なくなってしまいました。大人も子どもも書く機会がこれからますます減ってくるかもしれません。今こそ書写や書道の魅力を見直す時期ではないでしょうか。

書道教室風景(現在は新型コロナ対策で、座席の形を変えています)

手書き文字、筆で書かれた文字から伝わる人の心を、もっと多くの人に感じてもらいたい。
作品を見た人の心に響く、生きた字を書き、私の書で人の心を変えていきたい。

そういう想いで、筆文字デザイン制作などの活動もしています。

ある高校の教え子でとても悩んで体が痩せて体育を見学しなくてはいけなくなった状態の時には、「何とか解決の道がないか」と相談にのった時に、生徒のために作品を書いたことがあります。

その時の言葉がのちの私の初個展のタイトルにした「心の扉をひらいてごらん」です。
その後、生徒の悩みは解決の方向に進むようになりました。

人のためのみならず私自身も、私の作品に励まされたり、癒されています。

復興メッセージの時にも感じましたが、やはり書の力は想像以上に強いものであると実感しました。

作品にする時には、技術的な工夫はもちろん、想い・エネルギーを込めて、ご依頼者様の幸せ、お店の繁栄を願って制作しています。

ご依頼いただいて、私独自の感性を生かして、筆で作品を書かせていただくととても喜ばれ、字からエネルギーが伝わってくる、感動した、心が惹かれる、お店が繁盛しているなど言っていただけとても嬉しいです。

生きた書は、その書が人間に対してはもちろん、お店や商品にも大きな力を与えることもあるのです。
そのような力を発揮できるよう、納得のいくまで何枚も何種類も制作を行っています。

漢字や、言葉(言霊)を書いている文字にはもともと魂があり、中国に「書為心画」という言葉があります。「書の作品は作者の心を映す、行い、性格、品性、心の品質の表れ作者の全てが書となって反映される」という意味です。
本来、書は精神の修養であり、書の精神性に感動が生まれ、書はその人そのものであると思っています。

だからこそ、常に自分自身を高め、私らしい作品づくりを目指しています。

神様が私に書道を与えてくれたこと、私をいつも支えてくれている書道にとても感謝しています。 

私の様々な書活動を通じて、「書の可能性」を追求し、たくさんの人々に貢献できたら幸いです。
      

                    書家/書道家 書の部屋® 代表 小山瑞恵

追伸:社会人になってから、元気で健康な自分として生まれ変わりたくて、普通に憧れて、ずっと過去を蓋して生活してきました。

すごく辛い日々を忘れたくて、生まれ変わった私として、これまでずっと仕事をしてきたため、それをフラッシュバックする辛さと、どう思われるかと周りの目を意識して、過去を書く勇気がずっとありませんでした。

しかし、どうして書道を始めようと思ったのかや、書への想いを書くときに、上述した子ども時代について書かないと、本当の私の「書への想い」が伝わらないかもしれないと思い、今まで書いてこなかったことも思いきって書くことにしました。

昨今の情勢で、休校で学校にいけない、思い通りに学校行事ができない子どもたちを見ると、昔の悲しく寂しかった自分の記憶が蘇ってきます。しかし、そのような辛い・厳しい時でも与えられた環境の中で一生懸命頑張ることで、活路は見い出せると考えています。

自分一人では到底ここまでこれなくて、いつも支えてくれている家族、私がお世話になってきた学校の先生、通っていた書道教室の先生、友達、尊敬している方、東京の学生時代に家族のようにとてもお世話になった方々など多くの方々の支えがあったからだと、実感しています。
だからこそ、お世話になった分を誰かの力になれたらと思っています。

この文章を読んだ子供たちや、誰かの力になれればという思いから、この「書への想い」を書かせていただきました。

長文になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

054-262-2679
受付時間
9:00~20:00
定休日
土曜午後・日曜・祝日

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

054-262-2679

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

書の部屋

住所

教室兼アトリエ
〒420-0810
静岡県静岡市葵区上土1-17-89-2
事務所
〒420-0810 静岡県静岡市葵区上土2丁目

アクセス

千代田東小学校より徒歩5分
水天宮・神明神社・諏訪神社付近
*しずてつバス 
水梨東高線
東千代田下車 3分 歩道用巴川橋前
*静清バイパス 
千代田上土インター下車 5分
*古庄駅から徒歩15分
*JR東静岡駅から車で約10分

受付時間

9:00~20:00
(電話でのお問合せ時間)

定休日

土曜午後・日曜・祝日

※フォームからのお問合せは24時間受付しております。